ブックタイトル12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】

ページ
30/56

このページは 12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】

300 . ?洋占星術の??考え?について?洋占星術のとらえ?は、?によってさまざまかと思いますが、私の??・考え?は、「ホロスコープを知る?が、その個?に最もピッタリとくる?き?を探し、当てはめていくことができるツール」であると考えています。占星術は、12 サイン、10 天体、12 ハウスの意味さえ知ればどんなホロスコープをご覧になっても、幸福のポイントの在りか、もしくは??上クリアするべき壁がわかる可能性があります。?分の?き?のクセを客観的に?て理解することで、過去の出来事によるトラウマを克服できるかもしれません。そして、克服できずにいる問題とその原因に気がつき、どうしてこれまでそれを乗り越えることができなかったのか、また、その問題がなぜ起こっていたのか、ということにさえ、気づくことができるかもしれません。なぜなら、星の配置は私たちの持つ常識的な持論や現実的パターンを越えた?度からの視点を与えてくれることがあるからです。私にとってはすでに、「?分以上に?分を知るもの」がホロスコープにも思えるのです。そして、?分の?に起こったことは?分が?番よくわかっていますので、この本をご覧になっているあなたがなぜそのように?きるのか、?き?そのものにも納得ができるかもしれません。また、それに気がつかれた時、最も?きやすい?法を?に?れることができるのではないでしょうか。誕?のその