ブックタイトル12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】

ページ
39/56

このページは 12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】 の電子ブックに掲載されている39ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

12サイン×10天体×12ハウスキーワード事典【試し読み】

394 . 三つを組み合わせて読むことの意義?洋占星術では、12 ハウスに10 天体が配置されますが、?まれ時間の4 分差で天体が属するハウスの位置も約1 度変わります。例えば、5 ハウスに太陽?があり、もしそれが獅?座なら、??が華やかでみんなの中?に?つことを才能として?まれていると判断しますが、6 ハウスの太陽?が獅?座なら、??たなくても、?の役に?てることを喜びとする才能となるため、「親分肌」という表現が追加されても、それは決して5 ハウスの太陽?のように??表現のためではなくなるのです。同じ獅?座の太陽?が属するハウスにより、「?のため」になったり「??表現のため」になったりします。追加して、太陽?の獅?座は華やかなステージに?つことを本質として持っているけれど発揮することに抵抗があるのかどうかも、組み合わせて読むことによって理解しやすくなります。先程のように、?は獅?座であるけれど12 ハウスに位置すると本来の発揮が遅くなり、??つことに対する劣等感が?まれるかもしれません。「??ちたい」とは思うけど…… それを否定する?分がいて消極的となる、という感じです。もしかしたら、それは?さなころのお遊戯会等発表の場で、練習の成果を発揮できなかった記憶の中で?まれたのかもしれません。このように太陽が属するハウスによって、天体とサインの持つ意味が変化してきます。また、先程の?さなころの